%{FACEBOOKSCRIPT}%
  1. HOME
  2. サイバーセキュリティお役立ち情報
  3. 用語集
  4. ストレッサーとは【用語集詳細】

ストレッサーとは【用語集詳細】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ストレッサーとは【用語集詳細】

脆弱性診断サービスストレッサー(Stresser)あるいはIPストレッサーは、DDoS攻撃を実行するためのオンラインプラットフォームです。

セキュリティテストや負荷テストサービスをうたい、サービス購入者に対し、プラットフォームを通じて特定のWebサイトや機器に対するDDoS攻撃を実行させます。
ストレッサーは、DDoS攻撃のためにボットネットなどの攻撃インフラストラクチャを構築しており、対象のIPに対し大量のトラフィックを送信することにより負荷を与えダウンさせます。
同様のサービスを提供する「ブーター」が、犯罪組織に利用される非合法活動であることから、ストレッサー業者は合法であることを強調・宣伝しています。

ブーターやストレッサーは、自作自演のDDoS攻撃を通じて解決策を提示し、金銭を詐取するなどの事案を過去に引き起こしており、現在でも司法機関による取り締まりの対象となっています。
ブーターやストレッサーを総称して、「雇われDDoS業者」(DDoS-for-Hire)と呼ぶこともあります。

2023年、英国の国家犯罪対策庁(NCA)は各国当局と協力し、偽のブーターおよびストレッサーサービスを立ち上げた「おとり捜査」の実施を公表しました。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加