1. HOME
  2. what’s New(お知らせ)
  3. 【12/10ウェビナー開催】脅威インテリジェンスを活用したセキュリティ対策オンラインセミナー

SOMPO CYBER SECURITYでは2018年より脅威インテリジェンスサービスの取り扱いを始めています。

 

当時はあまり認識されていなかった「脅威インテリジェンス」という言葉も、昨今、サイバー攻撃による被害やその影響の実情がニュースなどでより明らかになるにつれ、より認識さるようになってきました。サイバー攻撃は既に「対岸の火事」ではなく「明日は我が身」、その傾向を理解し、実用的な対策を講じることが求められています。

 

2021年の上半期は世界的にランサムウェアによる攻撃が昨年に比べ倍増していたと言われています。

多くのインシデントの対応をしてきたLAC社が年末を迎えるこの時期に1年を振り返り、統計から見えてくるサイバー空間における傾向を解説するとともに、世界規模の貢献で高評価を得ているKryptos Logicを活用したセキュリティ対策の取り組みをお届けします。

2000年のセンター設立以来、累積で3,700件以上の出動実績を誇る緊急事故対応サービス「サイバー119」を展開するサイバー救急センターを運営するラック社と、最先端の脅威インテリジェンスサービスを専門とするグローバルサイバーセキュリティ企業であり、WannaCry、Emotet、Miraiなど、これまでの大規模なサイバー攻撃に対する取組が世界的に認められているKryptos Logic 社を招き、三社共催でお届けします。当社からは「Kryptos Logicではじめる海外拠点向けセキュリティ対策」と題し、担当者やシステムに負荷をかけずに海外拠点に対する効果的なセキュリティ対策をご紹介します。

 

オリンピックイヤーのサイバー動向を振り返り、来年のヒントを得たい方、海外拠点のセキュリティ強化をご検討中の方など、奮ってご参加ください!

本セミナーは12月10日に開催されたウェビナーのオンデマンド配信になります。

【ウェビナー概要】

名称:脅威インテリジェンスを活用したセキュリティ対策オンラインセミナー

~ 2021年の振り返りと2022年に向けた対策 ~

 

Session12021年におけるセキュリティインシデントの傾向と対策のポイント(株式会社ラック)

Session2:次世代アクショナブル・インテリジェンスを駆使したグローバルスケールのサイバー脅威防御Kryptos Logic LLC)

Session3:Kryptos Logicではじめる海外拠点向けセキュリティ対策(SOMPOリスクマネジメント株式会社)

開催日時 オンデマンド配信 2022年1月31日(月)まで
場所 オンライン
参加費 無料(事前登録制)
対象 リスク管理部門、IT部門責任者、担当者など
共催 SOMPOリスクマネジメント株式会社
株式会社ラック
Kryptos Logic LLC

share

このエントリーをはてなブックマークに追加

DOWNLOAD

サイバーセキュリティお役立ち資料のご紹介

当サイトでは下記のような資料をご提供しておりますので、ぜひ皆様の課題解決にご活用ください。