1. HOME
  2. 用語集
  3. 用語集詳細(クロスサイトスクリプティング)

クロスサイトスクリプティングとは

クロスサイトスクリプティング(XSS, Cross site scripting)とは、WEBアプリケーションの脆弱性を利用して不正なスクリプトを埋め込み、ユーザーの個人情報を詐取したり、マルウェアに感染させたりするサイバー攻撃のひとつです。不正なスクリプトが埋め込まれたWEBサイトに訪れたユーザーを攻撃者のサイトに誘導(クロスサイト、サイト横断)して攻撃を行うことから、このように呼ばれています。

DOWNLOAD

資料ダウンロード

当サイトでは下記のような資料をダウンロードすることができ、皆様の課題解決に貢献しています。