%{FACEBOOKSCRIPT}%
  1. HOME
  2. サイバーセキュリティお役立ち情報
  3. 用語集
  4. 代替データストリームとは【用語集詳細】

代替データストリームとは【用語集詳細】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
代替データストリームとは【用語集詳細】

脆弱性診断サービス

代替データストリーム(Alternate Data Stream)はWindowsで利用されるNTFSファイルシステムがサポートするファイル属性機能であり、ファイルに備わったデータ領域です。一般にADSと略されます。
NTFSはパーティションに存在するファイルおよびディレクトリに関するレコードをマスターファイルテーブルに保管し、ファイル処理に利用します。
このためNTFS上のファイルは、既定のストリーム(Default Stream)に加え、自身の属性に関するメタデータを格納する代替データストリームを保有しています。

攻撃者は、正規ファイルの代替データストリーム内に悪意のあるデータやバイナリファイルを挿入し、セキュリティツールによる検知を回避します。 多くのAPTランサムウェアが、代替データストリームを利用したペイロードの保管や隠ぺいを手法として利用しています。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加