%{FACEBOOKSCRIPT}%
  1. HOME
  2. サイバーセキュリティお役立ち情報
  3. 記事一覧
  4. 台湾の自動車部品サプライヤーをLockBitランサムウェアが攻撃

台湾の自動車部品サプライヤーをLockBitランサムウェアが攻撃

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
台湾の自動車部品サプライヤーをLockBitランサムウェアが攻撃

Cognyteは、LockBit 3.0ランサムウェアが自動車部品メーカーSentec Groupを、ダークウェブ上のリークサイトに追加したことを検知しました。

LockBitランサムウェアは、今年もっとも活発に活動している攻撃者の1つです。
CognyteおよびSOMPO CYBER SECURITYでは、ランサムウェアによる重大な被害の発生を未然に防ぐため、本記事末尾に示すIoCの活用および、休暇期間に向けたセキュリティ対策の実践を推奨します。


 Cognyte CTI Research Group@Cognyte | 2022年12月

 

リークサイトの動き

今回ターゲットにされたSentec Groupは、台湾を拠点とする自動車部品メーカーです。自動車部品や電子、半導体製造業向けの機器やシステムを開発しており、特にガス等の排気を抑制するエミッション・コントロール・システム(Emission Control System)の製造で有名です。

LockBitは、2022年12月25日を期限に設定し、Sentec Groupから窃取したファイルを公開すると脅迫しています。
現時点(2022年12月23日)では、サンプルデータやスクリーンショットはまだ公開されていません。

 


LockBitリークサイトにエントリーされたSentec Groupのページ 出典:Cognyte Luminar

 

LockBitランサムウェアについて

LockBitランサムウェアは2019年にABCDランサムウェアとして出現しました。当初は中国、インド、インドネシア、米国、フランス、英国、ドイツの組織をターゲットに活動していました。

脅威レポートによれば、LockBitは以下のような攻撃手法を用いています。

LockBitは、収集したデータの抽出を自動化するStealBitを作成し利用しています。このツールは2021年のLockBit 2.0リリースに合わせて実装されました。
その後、LockBitはESXiサーバーなどのLinuxホストにも対応したLinux ESXi Locer 1.0をリリースしています。

2022年にはLockBit 3.0を公開しました。現行バージョンであるLockBit 3.0は、セキュリティツールの検知や分析を回避する技術を搭載しています。また窃取したデータを別の攻撃者に売却しダウンロードさせる、新たな恐喝モデルを運用しているとされています。

 

最後に

  • CognyteおよびSOMPO CYBER SECURITYは、次項に示すIoCをセキュリティシステムに取り込み反映させることを推奨します。
  • 休暇期間中のサイバー攻撃に備え、必要なセキュリティ対策の実践を推奨します。

 

IoC

 型式 ハッシュ値
SHA-1 D826A846CB7D8DE539F47691FE2234F0FC6B4FA0
IPv4 194.26.29.13
MD5 c2bc344f6dde0573ea9acdfb6698bf4c
SHA-1 d6ae7dc2462c8c35c4a074b0a62f07cfef873c77
SHA-256 a736269f5f3a9f2e11dd776e352e1801bc28bb699e47876784b8ef761e0062db
MD5 71c3b2f765b04d0b7ea0328f6ce0c4e2
SHA-1 bf8ecb6519f16a4838ceb0a49097bcc3ef30f3c4
SHA-256 ea6d4dedd8c85e4a6bb60408a0dc1d56def1f4ad4f069c730dc5431b1c23da37
MD5 4d388f95a81f810195f6a8dfe86be755
SHA-1 cb6fdb25a15b7797890fadc2b823984f93da5368
SHA-256 cc3d006c2b963b6b34a90886f758b7b1c3575f263977a72f7c0d1922b7feab92
MD5 87308ec0a44e79100db9dbec588260ec
SHA-1 939ff7e5eeaccb0c2f4ee080a8e403e532b6317a
SHA-256 03b8472df4beb797f7674c5bc30c5ab74e8e889729d644eb3e6841b0f488ea95
MD5 4655a7ac60ed48df9b57648db2f567ef
SHA-1 02ea524429ba2aefac63fed27e924ab3659f8c00
SHA-256 a0db5cff42d0ee0de4d31cff5656ed1acaa6b0afab07d19f9f296d2f72595a56
MD5 23a30838502f5fadc97e81f5000c4190
SHA-1 9c1142122370c9b28b13aa147c6e126b3be50845
SHA-256 ae993930cb5d97caa5a95b714bb04ac817bcacbbf8f7655ec43e8d54074e0bd7

 

情報ソース

Kaspersky / Resource-Center(英語)
Bleeping Computer / LockBit ransomware recruiting insiders to breach corporate network(英語)
TrendMicro / News(英語)
Bleeping Computer / LockBit3.0 introduces the first ransomware bug bounty program(英語)



Cognyteの情報も活用した脅威インテリジェンス・スポット診断も可能です。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加