%{FACEBOOKSCRIPT}%
  1. HOME
  2. サイバーセキュリティお役立ち情報
  3. 用語集
  4. ダンプとは【用語集詳細】

ダンプとは【用語集詳細】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ダンプとは【用語集詳細】
ダンプ(Dump)とは、元はごみ捨て場を意味する用語ですが、コンピュータの世界では、コンピュータに保存された情報を複製しディスクなど別の場所に格納する行為を意味します。
コンピュータ上の実行中メモリをダンプすることをコア・ダンプ(Core Dump)、メモリ・ダンプ(Memory Dump)などと呼びます。また、OSがクラッシュ(正しく動作しない状況)した際に生成されるダンプをクラッシュ・ダンプ(Crash Dump)といいます。
セキュリティ・インシデントにおいては、攻撃を受けたコンピュータ等のダンプを取得し解析し、被害の特定を行います。また、OSに格納された資格情報(パスワード・ハッシュやパスワード)を窃取するOSクレデンシャル・ダンピングなどの攻撃が存在します。
攻撃ツールやマルウェアの一部は、ProcdumpやSecretDumpなどのダンプ作成ツールを利用し、侵害したシステムから情報を収集します。

 

 

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加