ホワイトハッカーによる短期集中型システム侵入テストを 2019年1月末までキャンペーンとして無償提供

SOMPOリスクマネジメント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:布施 康、以下「SOMPOリスク」)は、ハッカーと同等の疑似攻撃による企業のセキュリティ対策状況を検証するためのシステム侵入テストを短期集中(5日間)で無償提供する「5 DAYS ハッキング キャンペーン」(以下「本キャンペーン」)を本日から2019年1月末まで実施します。

1. 背景

近年、サイバー攻撃が高度化・悪質化し、セキュリティ対策を実施している企業であっても、顧客情報漏えいなどの重大なセキュリティインシデントが発生、あるいは、財務データや企業買収などの経営上の機密情報が流出する恐れがあります。 どのような対策を講じてもセキュリティインシデントは起こりうるため、継続的に幅広くセキュリティ対策を強化していくことが企業には求められています。特に機密性の高い情報や事業運営上中核となるシステム、ネットワークは重点的に対策を講じることが、事業継続およびコンプライアンスの観点から重要です。それに加えて、その対策の有効性やシステムの耐性を適切に把握することがますます重要となっています。 こうした背景を踏まえ、SOMPOリスクは、企業のセキュリティ対策状況を検証するための短期集中型のシステム侵入テストをキャンペーンとして無償で提供することとしました。

2. 本キャンペーンの概要

(1)内容

事前にお客さまと調整のうえ、お客さまが指定するサーバー機器、ネットワーク機器に対象を限定するなど調査範囲・手法を絞り、5日間のテスト期間中に疑似攻撃によって侵入を試みます(*)(なお、本キャンペーンではお客さまがご提供しているサービスの停止を伴うレベルの侵入テストは行いません)。

*一般的に、システムへの疑似攻撃によりシステムの耐性を確認するペネトレーションテストは、お客さまとの事前相談を含め1か月~3か月間を要します。本キャンペーンでは、疑似攻撃による侵入テストを、調査範囲・手法を絞って短期間で実施します。

(2)実施期間

2018年11月から2019年1月末まで

(3)提供エリア・対象企業数

首都圏、中部圏、近畿圏を中心とした企業30社

3. 今後の展開

SOMPOリスクは、今後も、技術環境の変化に伴い高度化・巧妙化するサイバー攻撃からお客さまを守るためにサービスラインアップの拡充を進め、お客さまの「安心・安全・健康」に資する最高品質のサービスを提供してまいります。

SOMPOリスクマネジメントについて

SOMPOリスクマネジメント株式会社は、損害保険ジャパン日本興亜株式会社を中核とするSOMPOホールディングスのグループ会社です。「サイバーセキュリティ事業」「リスクマネジメント事業」を展開し、サイバー攻撃対策、全社的リスクマネジメント(ERM)、事業継続(BCM・BCP)などのソリューション・サービスを提供しています。

サービス内容に関するお問い合わせ先

SOMPOリスクマネジメント株式会社 サイバーセキュリティ事業本部
サービス推進部 営業推進グループ
〒160-0023 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル
TEL:0120-211-180(フリーダイヤル)
E-mail:cyber@sompo-rc.co.jp
Webサイト:https://www.sompocybersecurity.com/

SOMPOホールディングスグループは、
お客さまの「安心・安全・健康」に資する
最高品質のサービスをご提供し、
社会に貢献します。

page top