サイバー脅威が深刻化する医療業界へサイバーセキュリティ事業を拡大

世界の最先端技術と知見を有するイスラエルの医療機関および

医療サイバーセキュリティ専門会社とパートナーシップを締結

 

 SOMPOリスクマネジメント株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:布施 康、以下「SOMPOリスク」)は、医療業界へサイバーセキュリティ事業を拡大し、新たなセキュリティサービスの提供を20201月(予定)から開始します。それに先立ち、今般、イスラエル最大の民間医療機関Assuta Medical Centers(アスータメディカルセンターズ、以下「Assuta」)および、イスラエルの医療サイバーセキュリティ専門会社MEDIGATE CORPORATION(メディゲートコーポレーション、以下「MEDIGATE」)とパートナーシップを締結しました。

 

1. 背景

 近年、医療機器のIoT化の進展、医療情報の電子カルテ化や地域医療機関連携等が加速しています。このようなデジタル化やネットワーク化の進展に伴い、医療機関等にとってサイバー脅威は深刻化しており、「医療機器はライフサイクルが長く、またOSやソフトウェアのセキュリティアップデートを容易に実施できないこと」「脆弱性のある医療機器が外部から不正操作される可能性があること」等が大きな経営課題となりつつあります。海外では近年、医療機関へのサイバー攻撃の増加を深刻な脅威と捉え、FDA(アメリカ食品医薬品局)等の当局や大手医療機関が本格的な対策を開始しています。

 SOMPOリスクは、医療機関が抱える特有のセキュリティへの脅威に向けて蓄えてきた経験・知見に加えて世界最先端の技術を取り入れ、日本の医療機関の安心・安全に向けた支援を本格的に進めていくことにしました。

 

2. 概要

 SOMPOリスクは今般、これまで独自に構築した国内外のエコシステムを拡大し、医療機関が抱えるサイバーセキュリティ上の課題分析やガバナンス強化、体制構築支援等から、医療機器や医療情報システム等に対するサイバー脅威への対策まで、医療機関向けの包括的なサービスを提供します。

 その第一弾として、医療機関向けセキュリティコンサルティングサービスおよび医療機器に特化したセキュリティソリューションの提供を開始します(20201月提供予定)。

 

(1)コンサルティングサービス提供について

 SOMPOリスクのリスクマネジメントにおける豊富な知見、ノウハウと合わせ、イスラエル最大の

 民間医療機関であるAssutaが有する世界最先端のサイバーセキュリティ対策と情報セキュリティマネ

 ジメントに関する豊富な知見を活用し、課題分析・対策等に関するコンサルティングサービスを提供

 します。

 

(2)セキュリティソリューションの提供について

 アメリカ、イスラエルで数多くの実績を持つ医療サイバーセキュリティ専門会社のMEDIGATEとともに

 医療機器に特化した最新のサイバーセキュリティソリューションを提供します。医療機関内ネットワーク

 に接続された医療専門機器等のメーカー、ソフトウェアやOSのバージョン等を可視化し、そのうえで医療

 機器等の異常な通信や脅威を検知・防御することで医療機器の安全な運用の実現を支援します。

 

3. 今後の展開

 SOMPOリスクは、20201月から当該サービスを本格的に提供開始する予定であり、現在、大手医療機関と実証実験(PoC)を進めています。今後、SOMPOリスクは、日本国内の医療機関の安心・安全に対する支援を早期に広げていくためにもネットワークSIer、医療機器メーカー、各種ソリューションプロバイダー等との提携を強化していく予定です。

 さらに、損害保険ジャパン日本興亜株式会社(本社:東京都新宿区、社長:西澤 敬二)が日本国内トップシェアを有する医師賠償責任保険の引受や、SOMPOリスクが提供する事故低減に向けたコンサルティングを通じて関わりの深い医療業界に対して、今後リスクの増大が見込まれるサイバーセキュリティ領域においても高品質で先進的なサービス・ソリューションを提供し日本国内の医療機関のサイバーリスク低減に努めてまいります。

サービス内容に関するお問い合わせ先

SOMPOリスクマネジメント株式会社 サイバーセキュリティ事業本部

プロダクト戦略部[担当:上田・立花]

160-0023 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル

TEL:0120-211-180(フリーダイヤル)

報道機関の方からのお問い合わせ先

SOMPOリスクマネジメント株式会社

総務部[担当:田所]

160-0023 東京都新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル

TEL:03-3349-4330

参考

Assuta Medical Centersについて:

 Assutaはイスラエル各地で病院や診療所、研究施設を運営しています。イスラエルで行われる手術全体の15%を手掛けるイスラエル最大の民間医療機関です。Assutaのセキュリティ部門は先進的なポリシーを策定し、最新の対策を講じ、イスラエル国外においてもサイバーセキュリティ関連プロジェクトを手掛けています。医療現場におけるイノベーションセンターであり、ITやサイバーセキュリティを含む最先端のソリューションを採用しています。

 

Assuta CISO(最高情報セキュリティ責任者)タミール・ロネン氏のコメント:

 「イスラエルで医療業界を牽引するAssutaでは、サイバーセキュリティは医療機関にとって非常に重要な要素であると考えています。イスラエル各地に病院や診療所、研究施設を抱え、ここ数年、より安全な医療と管理プロセスを提供すべく、ポリシー策定に取り組んできました。SOMPOリスクにパートナーとして選ばれたことは誇りであり、日本の医療機関に向けた最先端のサイバーセキュリティ対策に関するコンサルティングの提供に尽力していきます。」

 

MEDIGATE CORPORATIONについて:

 MEDIGATEは医療機器に特化したサイバーセキュリティと資産管理のプラットフォームを提供しています。具体的には、病院ネットワークに接続された医療機器の可視化、リスク評価、監視および防御を提供し、20179月の会社設立以来、アメリカでは100近くの大手医療機関をサイバー脅威から守ってきました。病院のネットワーク上にある医療機器の安全な運用を可能にし、患者の安心・安全に貢献しています。

*MEDIGATEは「World’s Most Innovative Companies 2019」に選ばれました。

 

MEDIGATE CEO(最高経営責任者)ヨナタン・ランガー氏のコメント:

 「医療分野におけるIoTセキュリティは世界でも重要性が取り沙汰される課題であり、MEDIGATEはその解決に取り組んでいます。先進的な技術を誇る日本の医療現場は我々にとっては最高の舞台であり、SOMPOリスクとともに日本の医療現場をより安全な環境に整備する上で、大きく貢献できると考えています。」

SOMPOホールディングスグループは、
お客さまの「安心・安全・健康」に資する
最高品質のサービスをご提供し、
社会に貢献します。

page top